PHPによりIBM PowerSystems(AS400)の画面制限を超えてWeb化が可能になります。
「bibox」が「ソリューションブックforIBMi」に登録されました

IBM PowerSystems(AS400)

IBM PowerSystems(AS400)は、その『堅牢性』『安定性』『管理コストの低さ』において、ユーザーより高い評価を得ており、安心して販売できるハードウェアですが、80x24という画面の制約については、H/Wとして高い評価を頂いているお客様においても不満が多く、Windows系のパッケージを使われていたお客様からすれば『前時代的』と言われることも珍しくありません。

IBM PowerSystems(AS400)ユーザーにおいて『Web化/GUI化』というのは昔から望まれていることではありましたが、さまざまな疎外要因があり、今までバランスのとれたソリューションがなかったというのが実情でした。

堅牢性&安定性&コスト低なのに、80*24 は前時代的?

Web化阻害要因

インフラコスト高・パッケージが高い・開発費が高い>Web化は高い

一般的なi5ユーザーでの導入は非現実的なものであった。

5250画面のGUI化

5250エミュレータからWebブラウザへの移行

GUI化への取り組み

弊社では、お客様からの要望に対応すべく様々なGUI化ツールを比較検討してまいりました。

ツールの選定ポイント

参考資料 開発ポリシーによる代表的なWeb化ツール

既存のRPG資産やRPGのスキルを利用して開発
RPG以外の言語やスキルを利用して開発